カルシウム拮抗剤とバイアグラの併用には注意

勃起不全に悩む人に効果的な治療薬として知られるバイアグラ(クエン酸シルデナフィル)、中年期から増える高血圧と世代的に重なる場合があり、勃起不全であり高血圧でもあるという人もいます。
その両方それぞれの治療薬を服用すれば問題は解決しそうではありますが、バイアグラには併用禁忌な医薬品がいろいろとあり、既往症によっては使用できない場合もあるのです、高血圧の薬には様々な作用を持った医薬品がありますが、その中にはカルシウム拮抗剤と呼ばれる血圧降下剤があり、代表的なものではアムロジンがあります。
アムロジンはカルシウム拮抗剤というその名の通り血管平滑筋に入り込もうとするカルシウムイオンを妨害して血管の収縮を防ぐものです、血管が収縮しないと血管が緩んだようになり血液はゆったりと流れて血圧は下がります、ところが、元々血圧降下作用があるバイアグラを服用するとアムロジンとの相乗効果で必要以上に血圧が下がってしまいます。
血圧が高すぎるのが体に良くないのは周知の通りですが、逆に低すぎるのもまた問題で目眩や手足の痺れといったものだけでなく脳や内臓へダメージを与えることもあります。
アムロジンのようなカルシウム拮抗剤を服用していてバイアグラもと考えているのであれば不測の事態を避けるためにも事前に掛かりつけの医師に相談し問題がないか判断してもらいましょう。
その上で服用し、何か体調の異変に気づいた時は安全のため服用を止めて医師に報告しなくてはなりません。
血圧降下剤と勃起不全治療剤、全く異なる医薬品のようで効き目が重なる部分もあります、どちらも正しく使えば安全で効果の高い医薬品です、併用時は思わぬ影響が出ることもあるのだと注意しつつ安全に使いましょう。