アムロジンやフローランの後発品への移行の予測

高血圧は世界的に大きな問題となっている疾患であり、日本においても生活習慣病としての位置づけを得て世の中に知らしめられるような努力がなされています。ただ血圧が高いだけで問題はないだろうと考えてしまうのが一般の人であり、血圧が高いことによって生活の支障になるような自覚症状も生じないことからあまり高い意識が持たれてこなかったのが事実です。しかし、医学の進展によって高血圧が多様な疾患のリスクとなるような因果関係が明確化されてきたことに加え、近年の生活習慣の変化によって高血圧を患う人が増えてきたことからその認識が新たにされるようになってきています。
高血圧の治療に際しては血圧が高い状態を維持することによるリスクを避けるために降圧剤が処方され、血圧をコントロールしながら食事や運動等の生活習慣を見直すことで血圧を正常域に戻すという取り組みがなされていきます。その多くは長期戦となることから降圧剤を飲み続けなければならないという状況になるのが一般的であり、治療に際しては大きな費用がかかるということが特徴となっています。
アムロジンはフローランは降圧剤の中でも頻用されるものであり、世界的に広いシェアを持っています。その先発品が長らく使われてきましたが、特許が切れたことによりアムロジン、フローランの後発品が多数販売されるようになりました。これにより薬価の低下が期待できると予測されます。しかし、医療現場では使用経験の多い先発品を使いたいという声も大きく、アムロジンやフローランの院内処方の場合には使用についての予測が難しい面があります。しかし、薬価の低下によって医療費を削減したい患者や国の声を反映せざるを得ず、アムロジン等の後発品への意向が進んでいくと予測されます。