アムロジンの効果と動脈硬化症と鼻血の関係

アムロジンは日本で最も使用されていると言っても過言ではない高血圧症治療薬です。アムロジンの有効成分アムロジピンは血管平滑筋に存在するL型カルシウムチャネルを阻害することで、カルシウム流入によって起こる脱分極を防ぎ、血管平滑筋を収縮できなくします。すると血管は拡張され、血圧が下がるのです。このアムロジンは効果の持続力が高く、1日1回の服用で済むようになっており、治療の管理上において非常に使いやすい薬となっています。
なぜそこまで多くの患者さんに使用されているのかというとアムロジンの持つ降圧効果が著しく高いためです。高血圧治療において最も重要なことは血圧を下げることです。血圧を下げることによって、心臓、腎臓、脳などあらゆる組織を守ることができます。
高血圧の方で心臓、腎臓、脳などに起こる合併症の原因となるのが、高血圧によって起こる動脈硬化症です。動脈硬化症は血圧が高い状態が継続することによって、血管が傷つき、固くなってしまう状態をいいます。動脈硬化症なると、傷ついた部分にコレステロールなどがたまって血管を狭窄し、血栓塞栓症を引き起こしたり、血管がもろくなって破れ、出血を引き起こしたりします。
また鼻血も動脈硬化症によって繰り返し引き起こされることがあります。やはり血管がもろく、柔軟性がなくなるので、少し血圧が上がるだけで鼻血が出てしまうのです。一度動脈硬化を起こすと、元通りの状態にはなかなか戻らなくなるので、鼻血が再発することもしばしばあります。もし鼻血が繰り返すようなことがあれば、一度血圧を測定してみるべきです。それでもし血圧が高い状態でしたら、病院で治療するべきです。血圧の管理をするだけで血管への負担はだいぶ少なくなります。アムロジンはそのような場合、速やかに確実に血圧を下げてくれるので有効な薬となるでしょう。