アムロジンで高血圧管理と緊急症や内視鏡検査のリスク

アムロジンは高血圧や狭心症に適応のあるカルシウム拮抗薬であり、一般名でアムロジピンと呼ばれる古くから用いられている成分を含む医薬品です。その効果が緩やかで持続性であることから高血圧患者の血圧管理や狭心症患者の発作の予防のためにアムロジンが用いられます。高血圧患者においてはアムロジン等を常用することによって血圧を管理するということがとても重要であり、それによって様々な疾患のリスクを下げることができます。
高血圧緊急症と呼ばれる急激な血圧上昇を伴う緊急に治療を必要とする一連の病気では血圧を下げなければ多様なリスクを伴うことになります。しかし、高血圧緊急症においては急激に血圧を下げることによって虚血状態を生み出してしまうリスクもあることから、強力な降圧剤が使われるケースは限られています。逆に、持続性で徐々に血圧を下げられるアムロジンも高血圧緊急症で比較的良く用いられます。こういった疾患にかかってしまうリスクを下げるためにも血圧管理は重要なのです。
一方、高血圧患者は自分が高血圧であるということをよく理解している必要があります。内視鏡検査のように何気なく医療機関で行っているものでも高血圧患者には注意しなければならないからです。内視鏡検査では消化管の蠕動運動を抑制するために副交感神経遮断薬がよく用いられます。副交感神経遮断薬には血管の収縮作用や心臓機能小野亢進作用等があるため血圧の上昇や心臓への負担の増加を伴います。そのため、高血圧患者が内視鏡検査を行う場合には医師の判断を仰ぎ、副交感神経者弾薬を用いない等の措置を行ってもらうことが必要になります。高血圧であるということによってこういったリスクを抱えるということは患者にとって理解していなければならないことなのです。