ノルバスクとアムロジンは本当にまったく同じ成分?

ノルバスクとアムロジンはどちらもアムロジピンという同じ成分でできた飲み薬です。
ノルバスク アムロジンと間違える人もいますが、ノルバスクとアムロジンはそれぞれ別の製品名です。

アムロジピンは血管拡張剤、冠血管拡張剤、持続性カルシウム拮抗薬に区分されており、血圧を下げる効果があることから高血圧や狭心症の治療に使われています。

カルシウムを摂取すると、体内では99パーセントが骨の構成に使われますが、それ以外にも血管を広げて血液の流れをスムーズにする役割も果たしています。
血液の流れがスムーズになれば結果として血圧が下がります。
これがカルシウム拮抗薬と呼ばれる種類のお薬です。

ノルバスクやアムロジンは、効き目が良くて持続時間が長いのが特徴です。
1日に1回の服用だけで効果を持続させることが可能なので、飲み忘れなどの負担の軽減にもなります。

また、安全性の高さも多用されている理由の一つと言えます。
副作用が現れることが少なく、血糖や脂質などに影響しないので合併症を抱えているような人や子供でも安心して服用することができます。
ただし、顔のほてりや動機、頭痛などの副作用を感じる人もいるので、服用に関しては医師や薬剤師の指示に従うのが安全です。
特に、妊婦や持病・アレルギーのある人は事前に申告しておくと安心です。

ノルバスクやアムロジンは、医師の診察を受けた上で処方してもらうのが一番安全です。
しかし、仕事が忙しくてなかなか医療機関を受診することが難しいような場合には、医薬品を取り扱っている通販サイトを利用する方法もあります。
インターネットなら自宅にいながら24時間いつでも好きなときに注文することができるので便利です。

★こちらのサイトもおすすめ
ノルバスク ジェネリック

☆処方箋なしで医薬品は通販できちゃいます
薬を通販するなら信頼できるサイトを選びましょう

★カルシウム拮抗薬とよばれる降圧剤です
アダラート

☆降圧薬に含まれている成分の注意点について服用前に知っておきましょう
アムロジピンの注意点を理解しましょう